FC2ブログ
2005年5月より英語多読を始めました。 言葉で記憶を紡いでゆきたい。

2018-11

10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 12

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Town of Evening Calm, Country of Cherry Blossoms

2008-03-13 (Thu) 02:40[ 編集 ]
0867196653Town of Evening Calm, Country of Cherry Blossoms
Fumiyo Kouno
Last Gasp of San Francisco 2007-02-28

by G-Tools
☆☆☆☆☆(5点では足りない)

『わかっているのは「死ねばいい」と
 誰かに思われたということ』

こうの史代の漫画「夕凪の街 桜の国」の英訳です。
「夕凪の街」(昭和30年広島)、「桜の国(一)」(昭和62年東京)、「桜の国(二)」(平成16年東京、広島)の3部構成で物語が展開していきます。被爆した一人の女性とその家族の姿を通して、今から60年以上前のあの出来事が心に鋭く突き刺さります。

こうの史代は別の作品で知っていたのですが、この本は読んでいませんでした。先日英訳をお借りする機会を得て、初めて読むことができました。全編通しても100ページも無い薄い本です。スクリーントーンを使わずに柔らかな細い線だけで描かれているのですが、それでもこの作品がここまで心に迫ってくるのは、確かな画力に裏打ちされた作者の想いの強さがあるからでしょう。

「よくぞ英訳出版してくださいました!」
読み終わって思いました。一人でも多くの世界中の人にこの本が読まれますように。

こちら↓が「原書」です。英訳の方はお返ししたのですが、どうしても手元に置いておきたくて、こちらを買い求めました。
夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国こうの 史代

おすすめ平均
stars距離感と共感と
stars静かに強く
stars原爆でも壊されないもの
stars特に中高生に読んで欲しい
stars表現のすごさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
やはり母語で読むと、心への突き刺さり具合が格段に違います。

昨年映画化されています。残念ながら見損ねましたので、いずれ観ます。
B0012BLS02夕凪の街 桜の国
田中麗奈 藤村志保 伊崎充則
東北新社 2008-03-28

by G-Tools
スポンサーサイト
    

コメント

心に突き刺さる本、是非読んでみます!
やっぱり英訳版より原書がお薦めですか?

rosieさんへ

コメントありがとうございます。
難しい質問ですね。両方読んでみてください。
ってのはだめですか^^;

英語になると広島弁の味わいは無くなってしまいますからねぇ。
こんなところでご勘弁を。

読みました

このmanga、高校用のマンガ!?を買うために書店へ行ったとき、買おうかと迷ったのですが、絵が苦手かもとパス。そしたらおんじさんのコメント見つけましてね、うわーん、失敗した。
真正面から写真などで迫られると、目を背けてしまいがちな話ですが、この本なら重すぎず、構えずに読んでもらえるかなって思いました。mangaに抵抗ある人にも、読んでほしいですね。

emmieさんいつもありがとうございます

この記事を読んで、1人でも2人でもこの本を知ってくださる方が増えて嬉しく思います。

私にしてはこのコメント、一気に勢い付けて書き上げてしまったので、読み返すと少々気恥ずかしいですが、でも大好きな本であることは今以て変わりません。もう何度読み返したか知れません。

mangaというより、大好きな絵本を繰り返し読んでいるのに近いような気がしています。一コマ一コマ読み返す度に新しい発見があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onji.blog16.fc2.com/tb.php/150-4d59abcb

 | HOME | 

アルムおんじ

アルムおんじ

2005年5月より、
英語の本をいろいろ読んでます。
めざせ10000万語(笑)

ただいま1,500冊目

2005年10月 100万語
2008年8月 1000万語






  • ここにブログピープルなどのリンクリストを張って下さい。
ここにトラックバックピープルなどを張って下さい。
RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。